ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

これって、知ってましたか(・・?

スタッフブログ|2018.07.19 UP


あまりもの暑さに外出する気分にもなれず(^_^;)…

家の中でネットを見ておりまして、たまたま読んだ記事を書かせて頂きます。


問題 】鉛筆のアルファベットの意味?


知ってましたか?私ははっきり知りませんでした…

鉛筆って言ったらHBを昔、親に渡され当たり前のように使っていたので…

鉛筆には、アルファベットが刻印されています。

これは芯の硬さを表したもので、硬い程、色濃く出ます。

一般的にはHBやB、2Bあたりを使う方が多いですが、じつは芯の種類は…

10B・9B・8B・7B・6B・5B・4B・3B・2B・B・HB・F・H・2H・3H・

4H・5H・6H・7H・8H・9H・10Hと

22種類も存在します。

『それでは、B、F、Hの3種類アルファベットが何の略か?』

まぁ、知らなくとも普通に生活していてに支障がない問題です。

答えは…

【 鉛筆の芯の濃さと硬さを表している 】

Bは「Back (黒い)」

Fは「Film (ひきしまった)」

Hは「Hard (硬い)」

を意味しています。

一般的には、芯が柔らかいBのものは、デッサンなどの画材として多く使われます。

芯が硬いHのものは、設計図などを描く時に使用され、最も硬い7H~10Hは、

金属や石材などに筆記する際に使用されています。

Fは、HBとHの中間の濃さと硬さを持った芯だそうです。

いまいち…Fの使い道がわかりませんが(^_^;)

今はノックしたら芯の出てくるシャープペンや消せるボールペンなんか使っていて、生活する上で不便でないので、

鉛筆って使わなくなりましたし…鉛筆を買うこともないけど…

今度、筆記用具を買う時にでも、このブログを書いたのを思いだして

チラッと鉛筆も見てみようかな?って(笑)


お読み下さりありがとうございました\(^o^)/



当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です