ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

・・・あじさい・・・

スタッフブログ|2018.06.09 UP


 皆さん、こんにちは。

6月に入って早くも梅雨入りしましたね。

こんな雨の多い季節・・・

気分も下がりがちですが・・・

そんな時私たちの目をなんともいいえない優しい色合いで楽しませ

てくれるあじさい・・・。

そんなあじさいの色ですが土の状態によって色が変わるのをご存知

ですか?

花の色は、土の酸度によって変わるとのこと。

あじさいには主に赤、青、紫などの色がありますが、この色のベー

スになるのは「アントシアニン」という色素。

アントシアニンは、ブルーベリーに多く含まれていると良く聞きま

すが、他に布を染める染料としても使用されています。

一般的に土壌が酸性なら青色に、中性なら紫に、アルカリ性なら赤

色のあじさいに変わると言われています。

他にも時々見かける赤紫に近いあじさいは、長く年月が過ぎた

あじさいで、白色のあじさいはもともとアントシアニンを持ってい

ないため色が変化しないアジサイになっています。

私達がよく目にするあじさいはブルーが多いですよね。

それは日本の土壌が酸性が多い為とのことです。

では土壌を酸性、中性、アルカリ性に変え赤いあじさいを咲かせる

為の手軽な方法とは?

実は色を変えるのには卵の殻が有効なのです!

作り方は簡単!!

 ① 卵の殻を洗い、内側の薄皮を取ってから、乾燥させておく。

 ② 丈夫な紙袋に入れ、すりこぎなどの棒で袋の上から叩いて

   粗く砕く。

 ③ ②を袋から取り出して新聞紙などに広げ、さらに細かく

   パウダー状になるまで砕く。

 

たったこれだけで、あじさいを赤く変える魔法の粉の完成です!

後は、あじさいに撒くだけで大丈夫です。

私も家の庭で試してみましたが、赤い花が咲くのに3年かかりまし

た。(笑)

「今年は変わるかな?」なんて気長な話ですが・・・

待った分、赤いあじさいが咲いたときはうれしかったです。

時間とご興味があって、気長な方!(笑)

一度試してみみられたはいかがでしょう。

 


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です