ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

ジャガイモの食中毒にご注意を!

スタッフブログ|2018.05.12 UP


 毎日お疲れ様でございます。

 姫路周辺は、ここ2日間は本当に良いお天気に恵まれております。

明日遅くよりまた少しお天気が下り坂となるようですので、

体調崩されないようご自愛下さいませ。

 

 さて本日はごく身近なジャガイモについて書かせて頂きます。

ジャガイモの芽には毒があることは多くの方がご存知かと

思われますが、何故か毎年のようにジャガイモが原因の

食中毒のニュースが流れているのも事実です。

そこで、ジャガイモを安全に食べるコツをご紹介致します。

 

 ジャガイモの有毒成分は「ソラニン」と「チャコニン」という

糖アルカロイドと呼ばれる物質です。体重50kgの人では

ソラニンを50mg以上食べると中毒を起こす恐れがあり、

体の小さな子どもが中毒を起こし易いのはその為です。

ソラニンは芽に含まれていることは良く知られていますが、

緑色になった皮や傷のついた皮にも沢山含まれていることも

覚えておいて下さい。

◆ジャガイモの選び方と食べ方

 極端に未熟な小さなものはソラニンが多い為、特売日に

不揃いなジャガイモを選ぶことは避けた方が良いでしょう。

 また、安全第一として芽は大きく取り、ジャガイモの皮は

食べないことが基本です。食べる際には、傷の無いキレイな

ジャガイモを選びましょう。

◆子どもには皮を食べさせないようにしましょう!

 これは素直に守った方が良いでしょう。

 個人的には大好きなのですが、子どもには新ジャガを茹でて

薄く皮を剥くような料理も控えた方が良いそうです。

 ソラニン等の糖アルカロイドは苦味があります。口に入れて

苦いと思ったら食べるのは止めましょう。子どもにも苦い味を

感じたら、すぐに吐き出すように伝えましょう。

 

 上記2点を気を付ければ、基本的なジャガイモ食中毒は

大抵防げるそうです。

 ジャガイモは冷蔵庫で保存すると長持ちしない為、

つい出しっ放しの家庭もあるかと思います。

保存する際には光の当たらない乾燥した涼しい場所に保管します。

保存のきく食べ物ですが、芽など成長しないように早目に

使い切るようにしたいものです。


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です