ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

花粉症の悪化を生むNG習慣

スタッフブログ|2018.03.12 UP


 毎日お疲れ様です。

3月中旬に差し掛かり、まだ冷たい風が吹く日もあるものの

徐々に暖かくなって参りました。

寒暖差に体調崩されないよう、しっかりご自愛下さいませ。

 

 さて、本日は暖かくなってくると嬉しい反面、花粉症の方には

辛いシーズンでもありますね。

個々に於いて、様々な花粉症対策、工夫等されていらっしゃるかと

思いますが、それを無駄にしない為にも、今回は花粉症を悪化

させてしまうかも知れないNG習慣を少しご紹介させて頂きます。

 

【睡眠不足】

 夜更かしの習慣がついてしまい、睡眠不足になりがちでは

ございませんか? 睡眠が足りていないと免疫やホルモンの

バランスを崩しやすくなり、花粉症症状を悪化させる原因と

なってしまうことがあります。花粉症の症状が出始めると寝付きも

悪くなりますので、規則正しい生活リズムを作りましょう。

寝室の花粉除去や寝る前の入浴、自分に合った寝具選び等、

寝付きやすい環境作りも大切です。

 

【ストレスの溜め込み】

 ストレスは自律神経を狂わせ、免疫のバランスを崩すと

言われています。免疫のバランスが崩れると、ほんの少しの

花粉に対しても過剰に反応してしまう場合があります。

そのせいで花粉症が悪化すれば、更にストレスが溜まり悪循環

となりますので、日頃から趣味やスポーツでストレス発散を!

 

【アルコールの飲み過ぎ】

 お酒は血管を拡張させてしまい、鼻詰まりや目の充血等の

症状を起こりやすくしてしまいます。更におつまみとして

食べるものには高タンパク、高脂質のものが多く、食べ過ぎると

免疫力を低下させ、花粉症に良くないと言われています。

 

【喫煙】

 タバコの煙は、鼻の粘膜を直接刺激し、鼻詰まりを悪化させる

原因になります。また、排気ガス等も刺激の原因になりますので、

お部屋では空気清浄機を使って空気を綺麗にしたり、外出時は

マスク等をきちんと着用するようにしましょう。

 

【花粉症のツラい症状は放置せず病院へ】

 花粉症のシーズンが終わるまで我慢する必要はありません。

花粉症は放っておいても、花粉の飛散量と共に症状が

悪化するだけなのです。きちんと病院に行って、自分に合った

治療を受けましょう。また、花粉の飛散開始前の症状が軽い

うちから治療を開始すると、楽に花粉シーズンを乗りきることが

できるのでおススメです。

 

 以上、簡単に花粉症について書かせて頂きましたが、

少しでも花粉症が軽減できると良いですね。

 


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です