ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

お盆について!

スタッフブログ|2017.08.13 UP


まだまだ暑い日が続いておりますが、皆さま体調はいかがでしょうか。

そんな中、もうすぐ「お盆」を迎えますが、日本人にとって、

欠かせない行事である「お盆」。

お盆になると、お墓参りをし、提灯に灯かりを灯して、果物や花を

お供え物として飾りますよね。

 

お盆には先祖供養の意味があると言う事はわかるのですが、

そもそもどうして、そういった行事をするのかの意味を、

調べてみました。

 

まずは、期間としては、8月(もしくは7月)の13日を「盆の入り」、

「迎え盆」と呼び、お盆が終わる16日を「盆明け」「送り盆」と呼びます。

また、中日である14日、15日に法要や供養の儀式を行うのが

儀式だそうです。

 

次に、由来としては、お盆は仏教行事と位置付けられていますが、

日本では、仏教が伝わる以前から存在していた古神道において

先祖供養やそれにまつわる神事が行われていると言われます。

 

中でも、初春と初秋の満月の日には、先祖が地上へと戻ってくるので、

それを迎い入れおもてなしをする行事、というのが行われていました。

 

これには、先祖供養の意味があるのは勿論、同時に収穫や豊穣を

お祈りする農耕儀礼の意味もあり、この二つは神事の中でも特に、

重要視されていました。

 

また、「お盆」という呼び方の由来については、盂蘭盆会(うらぼんえ)の

音写語と言われています。

 

盂蘭盆会とはサンクスリット語で、「逆さ吊り」という意味で地獄のような

苦しみに遭っている人を救うための法要を行うことを盂蘭盆会と言います。

 

この盂蘭盆会と、元からの先祖供養が結びついたのが現在私達が

行っている「お盆」といわれています。

 

  以上が、私の調べた「お盆」の照会でした。

 

 

 

あと、私事ではありますがこの8月20日ををもちまして

一身上の都合によりフロント業務を卒業させて頂く事になりました。

したがって、これが最後ブログとなります。

 

スタッフの方々には色々とお世話になりました。

      ありがとうございました。

 

 

 でわでわ!フロントマンOでした。


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です