ホテルアストンプラザ姫路

スタッフブログ

春のお彼岸!

スタッフブログ|2017.03.21 UP


3月に入ってもまだまだ寒い日が続きますね。

よく「暑さ寒さも彼岸まで!」と言う言葉を耳にしますが、

やはり「お彼岸」までは、暖かさは安定しません。

 

 

そこで「春のお彼岸」について学習しました。

お彼岸とは・・・・・

「彼岸」はサンスクリット語の「波羅密多」から来たものといわれ、

煩悩と迷いの世界である「比岸(しがん)」にある者が、

「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の修行をする事で「悟りの世界」、

すなわち「彼岸」の境地へ到達できるというものです。

 

 

 

 

太陽が真東から上がって、真西に沈み昼と夜の長さが同じになる

春分の日と秋分の日を挟んだ前後3日の計7日間を「彼岸」と呼び、

この期間に仏様の供養をする事で極楽浄土へ行く事が出来ると

考えられていたのです。

 

 

お彼岸の期間・・・・・・

春彼岸 毎年3月の春分の日をはさんで前後3日合計7日間。

・・・・2017年 春の彼岸・・・・・

彼岸入り 3月17日

お中日  3月20日(春分の日)

彼岸明け 3月23日

初日を「彼岸の入り」、終日を「彼岸の明け」といい、

春分の日を「お中日」といいます。

 

 

あと、豆知識として、よく春のお彼岸に牡丹餅(ぼたもち)を、

食べますが、もともとは祖霊崇拝の習慣でぼたもちを捧げ、

先祖を崇め自身の功徳を積んでいました。

牡丹餅は、春には収獲をもたらしてもらう為に、あずきの

赤色で災難がふりかからない様にお供えしたといわれています。

 

 

やっと、春分の日をさかいに段々と暖かくなってきます。

あとは、花粉症の方は大変だと思いますが、少しは、

身体も動きやすくなってお仕事にも頑張っていただけたら

幸いです。

 

      でわでわ、今日はこの辺で!

 


当ホームページからの予約が最もお得です当ホームページからの予約が最もお得です